「子供が同居せず同じ敷地の別の家に住む場合の相続税への影響をパターン別に検討する!」の巻<宇都宮市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

子供が同居せず同じ敷地の別の家に住む場合の相続税

広い土地を持っているご一家の場合、長男夫婦が親と同居せず、実家の敷地に建てた2棟目の家に住むという場合があります。

(1)その実家の親御さんのうち、お父さんがお亡くなりになり、実家の建物と、その全体の敷地をお母さんが相続した

(2)そして、今回はお母さんがお亡くなりになった

というケースで、いくつかのパターン別に、そのパターンが相続税にどう影響するかを検討してみたいと思います。

具体的に言うと、「小規模宅地等の特例」という、100坪まで80%オフ評価を適用できるかどうかの検討です。

お母さんと長男が「生計一」か「生計別」かによって、特例の適用に大きな影響を及ぼすのですが、この「生計一」と言うのは、軽くまとめると、「生活を共にしていて、生活費の財布も一緒」の場合です。

逆に、「生計別」と言うのは、「生活を共にせず、生活費の財布も別」ということです。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

パターン1
長男が
自分で
2棟目を
建て
お母さんと
長男は
生計別

実家の建物の敷地

例えば、次男が借家住まいで「家なき子」に該当し、その次男が相続すれば、特例の適用はOKです。

家なき子特例封じの税制改正「相続税の『家なき子特例』封じの税制改正って何なの?」の巻<足利市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!> の記事にあるように、改正で要件が変わるので、ご注意を。

長男が相続した場合には、特例の適用はありません。

2棟目の敷地

ウワモノを建てて住んでいる長男が相続するのが一般的ですが、こちらは特例の適用はありません。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

パターン2
長男が
自分で
2棟目を
建て
お母さんと
長男は
生計一

実家の建物の敷地

次男がずっとアパート暮らしで「家なき子」に該当し、その次男が相続すれば、特例の適用はOKです。

長男が相続した場合には、特例の適用はありません。

2棟目の敷地

こちらは、その敷地に住んでいる長男が相続し、2棟目の家を、申告期限まで売らずに住み続ければ、特例の適用はOKです。

生計一の関係でお母さんの生活を支えた、ということで適用を認めてもらえます。

そこが、パターン1と違うところです。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

パターン3
2棟目の
建物は
お父さん
から
お母さんが
相続し
お母さんと
長男は
生計別

実家の建物の敷地

平成30年度税制改正により、長男が相続したら、特例の適用は受けられません。

改正前なら、長男が相続して、申告期限まで売ったりしなければ、特例の適用はOKでした。

「家なき子」に該当する次男が相続すれば、特例の適用はOKです。

2棟目の敷地

その上に住む長男が相続するのが一般的ですが、特例の適用はありません。

LINEで送る
Pocket