「節税対策としての『贈与』の方法論!」の巻<宇都宮市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

節税対策としての贈与の方法論

今回は「贈与」についてお話をしたいと思います。

コンテンツ

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続税
対策
としての
「贈与」

「贈与しよう!」と考える方は、相続税がたくさんかかってしまうので、その相続税を減らすために、生前に財産を贈与することにより相続財産を減らそうと考える方が多いですよね。

いいと思います。

その贈与の方法にはいくつかのパターンがあり、そして注意すべき点もあります。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

暦年贈与

年間110万円
まで非課税

まず、よく知られているのが1年あたり110万円の非課税枠がある、「暦年贈与(暦年課税贈与)」と言われる贈与です。

これは、もらう人ベースで年間110万円までなら、贈与税は課税されないというものです。

もらう人ベースですから、1人で2人から110万円ずつ贈与受けた場合には、合計で220万円になります。

もらう人ベースでは110万円を超えてしまいますので、贈与税がかかるということになります。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続税法第二十一条の三
1 次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない
二 扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの

暦年贈与と区別して考えるべきものとして、「扶養義務者相互間の生活費等の贈与」というものがあります。

これは、お互い生活を支え会うべき扶養義務者間、例えば親子間で、その生活に必要なお金を渡し合うということは、当然必要な行為ですから、それに対して贈与税を課税しない、というものです。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

生活費

必要な都度
送金

ただし、この生活費等の贈与というものについては、必要な都度その必要な金額を送るということが非課税の要件になっています。

例えば、遠方で一人暮らしをしている学生の子供に生活費として仕送りをするといった場合、毎月10万円かかるとすると、年間で120万円になります。

この場合、暦年贈与の考え方だと、年間110万円の非課税枠を超えてしまっているので、贈与税が課税されることになってしまいます。

しかし、これが、生活費等として必要な都度、贈与されているものであるならば、その暦年贈与の考え方を持ち出さず、非課税となります。

つまり、毎月毎月10万円ずつ送っている場合には非課税となります。

ところが、1年分まとめて一回で120万円を贈与した場合には、「必要な都度」の要件を満たしていないため、非課税の適用は受けられません。

最初にお話した「暦年贈与」に該当することとなり、110万円超えた10万円部分について贈与税を納める必要が出てきてしまいます。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

ただ
振り込む

名義預金

また、贈与というのは、あげた人・もらった人双方がその贈与をきちんと認識している必要があります

単純に、形式的に、親の口座から子の名義の口座にお金を動かすだけでは、贈与にならない場合があります。

親が子供の名義の口座を借りて自分(親)のお金を保管しているだけだとみなされる、いわゆる「名義預金」になってしまう危険性があります。

相続税の節税対策で贈与したつもりでも、親のお金とみなされれば、親の相続税の課税対象になってしまうのです。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

名義預金

(名義)子供
(所有者)親

親の財産

相続税対象

そうならないようにするためには、その子供が通常、普段の生活において使っている口座に直接振り込むようにしましょう。

振り込んだ方の親は、当然振り込んだということはきちんと認識しています。

そしてもらった方の子供も、普段の生活で使っている、その預貯金の口座の残高が増えることにより、お金をもらったことに自然と気づくことができます。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

贈与税を
払って
相続税を
節税

相続税がかからないように贈与をしていく、ということは、イコール、贈与税を払わないで贈与する、ということではありません。

相続税は、財産の金額が多ければ多いほど税率が上がっていく、超過累進税率方式が採用されています。

財産が多ければそれだけ税率も高くなり、納める相続税も高くになります。

その高い相続の税率よりも、低い税率で贈与をすることができれば、その税率差分だけ税負担を回避できたことになります

相続税の税負担率が15%になる場合、非課税枠にとらわれて、生前の贈与を年間110万円以下に抑えて、贈与税の税負担率を0%に下げられなくても、10%にできれば、その差5%分は節税できます。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

財産が多い
時間がない

贈与税を
払い
相続税を
下げる

財産が多く相続税が多額・高負担になる場合や、生前贈与の対策をする期間が短い場合については、この税率差に目を付けた贈与による相続税節税を検討しましょう。

110万円の贈与にこだわり、生前贈与の対策も十分できないうちに、相続を迎えるなんてことがないように。

多少の税負担を覚悟して、スピードを優先しましょう。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続時精算
課税贈与

相続税節税

相続税の節税対策にはならないかもしれない贈与があります。

相続時精算課税制度と言われるものです。

これは、一定の要件を満たした親子間などにおいて、移転財産額2,500万円までであれば、贈与税がかからない贈与ができるというものです。

2,500万円ですから、暦年贈与の110万円の非課税枠とは比べ物にならないぐらい大きな非課税枠です。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

注意!
相続時精算
課税贈与を
使うと
暦年贈与は
使えなく
なる

相続時精算課税贈与で財産をもらった親からは、暦年贈与で財産をもらえなくなります。

相続時精算課税制度を適用したら、その後にもらった贈与財産は、すべて相続時精算課税制度の適用対象になります。

110万円の非課税枠は使えなくなります。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続時に
精算

相続税課税

この相続時精算課税制度による贈与は、その名の通り「相続時に精算」するということになっており、つまり財産は贈与により移転したんだけれども、相続の時に相続財産に足し戻して相続税を納める計算の仕組みになっています。

贈与の時には贈与税がかからないけれども、相続の時に相続税がかかるということです。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続時精算
課税贈与の
3つの
メリット

この、相続時精算課税贈与には、実はメリットが3つあります。

相続税の基礎控除額以下なら相続税がかからない

もともと相続税がかからない方の場合、この制度を使って2,500万円以下の贈与をすれば、贈与税が課税されず、相続税もかかりません。

正確に言うと、全体の財産が相続税の基礎控除額以下であれば、贈与財産を相続財産に足し戻したところで、相続税もかからないということになります。

結果、無税で早期に財産を移転することができるということになります。

ですから、相続税がかからない方が、相続の時まで待たずに早めにまとまったお金や財産をあげたい、でも贈与税は嫌だ、という場合には、この相続時精算課税制度を使うことによってその目的を達成できます

お子さんに何らかの多額なお金の入用がある場合などにも使えます。

早期移転+低税率で財産移転

相続税がかかる方でも、相続の時まで待たずに多額の財産を早期に移転させることができるという点では、同じようにメリットがあると言えます。

通常、相続税よりも贈与税の方が税率が高くなります。

金額の大きい贈与をする場合には、多額の税負担を覚悟しなければなりません。

しかし、相続時精算課税贈与は、結局「相続税課税」です。

税負担の低い相続税で課税が完結します。

また、相続財産に足し戻して計算するとはいえ、その贈与した財産の所有権は、確実にもらった子供に移転します

遺産分けの土俵に乗らないようにしたい財産にも適しています。

値上がり分をカットできる

相続時精算課税制度を使って贈与により移転した財産は、相続財産に足し戻されますが、足し戻される時の金額は、「贈与時の価額」です。

相続の時に値上がりしていたとしても、「贈与時の価額」です。

将来必ずと言っていいほどの確率で値上がりする会社の株式があったとします。

現在の評価額は2,000万円です。

相続の時に、この株式の評価額が5,000万円に値上がりしていたとします。

この株式を贈与せず、そのまま持っていたとすると、5,000万円に対して相続税がかかります。

しかし、相続時精算課税贈与をしていれば、2,000万円として足し戻されます。

つまり、差額の3,000万円分を節税できる、ということです。

ただし、逆に値下がりした場合には、目も当てられない結果となります。

相続時精算課税贈与をした2,000万円の株式が、500万円に値下がりしていたとしても、財産の評価額は2,000万円として相続税を計算します。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

暦年贈与も
3年前まで
足し戻す

実は、贈与した財産を、相続税の計算で足し戻すのは、何も相続時精算課税贈与に限ったことではありません。

相続人の方が、相続の開始前3年以内に贈与により取得した財産については、相続時精算課税贈与の時と同じように、相続財産に足し戻して相続税を計算します。

「亡くなりそうだから贈与して相続税を払わないようにしよう」というのは認めない、ってことですね。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

暦年課税は
財産を相続
しなければ
足し戻し
不要

ちなみに、相続の時に財産を取得しない相続人の方については、足し戻しはしません

贈与税を払って終わりです。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続時精算
課税贈与は
必ず
足し戻し

それに対し、相続時精算課税贈与により財産を取得した相続人は、相続の時に財産を取得していなくても、足し戻して相続税を納める必要があります。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

暦年贈与は
贈与税が
戻ってくる
けど
払い過ぎは
戻らない

暦年贈与した財産を相続財産に足し戻して相続税を課税すると、贈与税と相続税がどちらもかかる、いわゆる「二重課税」状態になってしまうため、贈与税は返してもらえます。

正確に言うと、払う相続税から払った贈与税を控除するのです。

例えば、足し戻して計算した相続税が1,000万円、暦年贈与で納めた贈与税が400万円の場合、1,000万円△400万円=600万円の相続税を納めれば良い、ということになります。

400万円は既に前払い済なので、残りの600万円を納める、という感じです。

これが、足し戻して計算した相続税が300万円の場合にはどうなるかでしょうか?

300万円△400万円=△100万円で100万円は超過前払になります。

でも、この100万円は返ってきません

相続時精算課税贈与ではないので、相続時に完全に精算されないんです。

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続時精算
課税贈与は
払い過ぎも
戻ってくる

この、贈与税が戻ってくる、という点では、実は相続時精算課税贈与も同じです。

相続時精算課税贈与の場合、2,500万円の非課税枠を超えた部分について、一律20%の贈与税が課税されます。

この贈与税が戻ってきます。

暦年贈与と違うのは、300万円△400万円=△100万円で100万円超過前払となった場合、その100万円は還付してもらえます

宇都宮市の方へ!
相続税申告対策税理士による

税制の
仕組みを
知って
賢く節税を

税制の落とし穴に気を付けて、しっかり節税しましょう!

LINEで送る
Pocket