「相続税の『家なき子特例』封じの税制改正って何なの?」の巻<足利市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

家なき子特例封じの税制改正

相続税には、「生活に必要な財産にフルに相続税を課税しちゃカワイソウ」という考え方があります。

その中の1つが、「家なき子特例」です。

土地を100坪まで80%オフで評価することができます。

この特例には次のような要件があります。

足利市の方へ!
相続税申告対策税理士による

財産の要件

亡くなった方には配偶者がいない、そして、同居相続人がいない(ちなみに、同居相続人が相続放棄しても同居相続人がいないことにははなりません)、そんな亡くなった方が住んでいた宅地です。

足利市の方へ!
相続税申告対策税理士による

取得者の
要件

取得者は別居相続人(亡くなった方と一緒に住んでいない人)で、死亡前3年以内に別居相続人又は別居相続人の配偶者が所有する家に住んだことがない

持ち家がないから「家なき子」!です。

実はこれと似たもので、同居相続人が相続した場合にも、100坪まで80%オフが認められています。

相続税がフルにかかっちゃって、同居親族がその家を売って相続税を払うことになっちゃったらカワイソウですからね。

とはいえ、同居相続人ばっかりかわいがったら、今度は別居相続人がカワイソウです。

これとバランスを取った感じですね。

でも、この家なき子特例、例えば、子供(亡くなった人から見れば孫)や自分の会社に自宅を売却して、それを子供や会社から借りて住んでもOKだったんです。

そういう抜け穴があったんです。

そこで、

(1)別居相続人・  別居相続人の配偶者
だけじゃなく
3親等内の親族・関係する同族会社や一般社団法人等
が所有する家に住んでいる別居相続人はダメ

(2)別居相続人が住んでいる家が、その時には持ち家じゃないけど、昔は持ち家だった、なんてのもダメ

ということになりました。

LINEで送る
Pocket