勉強メモ ]「相続人の中に未成年者がいる場合、遺産分割はどうなる?」の巻<桐生市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

未成年者と遺産分割

MEMORANDUM
未成年者は遺産分割の話し合いに参加できない

大人が代わりに参加する

親権者(その未成年者の教育、財産の管理等を行う者、親)が「法定代理人」として遺産分割の話し合いに参加

その親権者が相続人の場合は、法定代理人とはなれない(その親権者が、自分に有利に、未成年者に不利に、遺産分割の話し合いを進める可能性があるから)
※夫婦が離婚していて、母親が親権者で、父親が亡くなった場合、母親は子供の法定代理人になれる(自分が相続人ではないから)。ただし、例えば子供が2人いる場合には、片方の法定代理人にはなれるが、もう片方の法定代理人にはなれない

親権者が家庭裁判所に「特別代理人」の選任の申立てをする

特別代理人は親族でもなれる(他人も可)

申立ての際、遺産分割協議書の案を提出する

その案が、未成年者に不利な内容だと、特別代理人の選任が認められないことが一般的