太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!税務調査で贈与でないことを主張するには?

贈与事実の認定

子供が自動車メーカーに勤務していて、その子供の名義で車を買うと、優遇が受けられる、という場合、親がお金を出して、子供名義で車を買うと、子供に対する贈与になるか?ということを検討してみます。
税務署から「贈与ではないか」という指摘を受けた場合、どのような点から、それが「贈与ではない」ということを主張すればよいのか、どう税務署に「贈与ではない」ということを納得してもらうか、という視点から、ポイントをピックアップしてみます。

太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!税法は、課税関係や課税事実を、形式ではなく、実態で判断する

想う相続税理士

子供の名義にしたからと言って、子供のモノとは限らないのです(ただし、親がお金を出したからと言って、親のモノとも限りません)。

太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!実態を判断するということは、購入・使用・所有の状況を検討するということ

この、「名義」「購入資金を誰が出したか」を考える前に、その購入の経緯と、その後の使用・所有の状態を見ていきましょう。

想う相続税理士

なぜ、子供名義にしたのか?

想う相続税理士

子供名義にしたのは、あくまでも優遇を受けるためですよね。

ウソはダメ?

「子供名義で車を買えば、優遇が受けられるから、子供名義で車を買っただって?でも、実際には、親の車だというのか?ウソをついて車を買ってはダメだ!」みたいなことは、税務署は言いません。

想う相続税理士

一連の流れで見る

想う相続税理士

通常、車は「買換え」をしますよね。

前の車を下取りに出して、新しい車を購入する訳です。

親が自分の車を下取りに出して、新車を購入し、以前の車と同じように使っている、このような状況の場合には、親が子供に車を贈与する必要性も動機もないですよね。

遠くに住んでいたら使えない

子供に贈与があったとすれば、その車は子供が使用していないとオカシイですよね。

もし、親がその車を専属的に使用しているのであれば、子供の名義を借りているだけ、という色合いが強くなってきます。

親と子供が離れたところに住んでいて、その車が親の家の駐車場にいつも停められている、なんて場合だったら、それは「親の車」ですよね。

想う相続税理士

太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!その後の処分の状況も、所有の実態を把握する決め手になる

想う相続税理士

さらに、その車を親が売却している場合には、親が所有しているからこそ、親が売れる訳です。

そしてその売却代金を、親が自分の口座に入金していれば、それは「親の車だった」という感じがさらに強くなりますよね。

太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!贈与があったのであれば、子供が「得」をしているはず

子供に対する「贈与」があったとすれば、子供は「経済的に得」をしていなければなりません。

タダで車を手に入れて乗れるからお得。

子供が乗っていなかったら、子供は得していません。

どちらがその車を、他の人に邪魔されることなく、自由に使えるか、自由に処分できるか、という視点が重要です。

想う相続税理士

太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!名義の登録は、本来、第三者に意地悪されないため

想う相続税理士

名義を登録する(又は登記する)、ということは、所有権について、他の人に意地悪されないようにするため(「それは俺のだ」と言われないようにするため)の制度であり、所有者を決定するものではないのです。

親か子供のどちらかの名義にしておけば、第三者に所有権を主張されないので、親でも子供でもいいのです。

太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!安易に名義を決めないこと

とは言え、原則的な考え方は、「名義人=所有者」です。

安易に名義を決めないでくださいね!

想う相続税理士

太田市の今!OTA CITY MARKETの出店者紹介だよ!【WINE HOUSE】

OTA CITY MARKETの開催日

2019年4月28日(日)

OTA CITY MARKETの開催場所

太田市北部運動公園
太田市上強戸町2079-3

LINEで送る
Pocket