Q&A ]「贈与や遺言の作成はいつでもできるの?」の巻<太田市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

贈与や遺言作成の時期

ANSWER
その方に「意思能力」がないとできません。

「自分の行為の結果を判断することができる能力(意思能力)」がない状態では、「売りたい」などと考えられないので、売買などの法律行為が成立しない、ということです。

「亡くなりそうだから相続対策で贈与や遺言を」と考えた時には、もう手遅れになることもあります。

相続対策は、お早めに。

後から税務調査で、その頃には意思能力がなかった、と認められるのに、その方のお名前で署名がされて(ニセの自筆?誰が書いた?)、土地の売買契約が行われたとなれば、その土地の売買はなかったものとして、相続税を計算することになるでしょう。