Q&A ]「お葬式の費用は相続税に関係ありますか?」の巻<大泉町で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

お葬式の費用と相続税

ANSWER
関係あります。土地や預金などのプラスの財産から債務や葬式費用をマイナスし、純財産額を計算するため、葬式費用があると、その分相続税が安くなります。

債務控除

プラスの財産から債務や葬式費用をマイナスすることを、「債務控除」と言います。

借入金や未払となっている税金などが債務に該当します。

葬「式」費用

葬式費用の主なものは、お寺さんにお渡しするお布施(戒名料など)と、葬儀会社に支払う葬儀費用です。

戒名料の領収書

通常、戒名料等の領収書はもらえません。

税務署もそれを分かっているので、なくても大丈夫です。

お寺さんの名前や住所、金額などをメモで残してください。

ただし、金額が大きい場合には、もらえる場合もあります。

葬「儀」費用

香典返戻費用(香典のお返し代)は葬式費用の対象外ですので、債務控除してはいけません。

その代わり、もらった香典はプラスの財産に計上する必要はありません。