足利市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!限定承認のときのみなし譲渡課税は税務署の優しさの表れ!

なぜ限定承認でみなし譲渡課税か

今回は、「限定承認」をした場合の「みなし譲渡課税」についてのお話です。

足利市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!限定承認って何?

想う相続税理士

限定承認とは、「相続人が相続によって得た財産の限度でお亡くなりになった方の債務の負担を受け継ぐ」ことを言います。

「亡くなった者に、借入金などの債務がいくらあるか分からない、だから、相続放棄したいんだけど、相続放棄をすると、全財産が相続できない、これだけは相続したいという財産(「イ土地」とします)があるんだよなあ」という場合に、「イ土地」の金額の範囲内でのみ、債務を引き継げばよいのであれば、「その対応する債務は何とか引き継いで返済しよう、そうすれば、「イ土地」が手に入れられるぞ!」ということになるので、そういう場合にはメリットがある制度なんです。

足利市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!みなし譲渡課税って何?

みなし譲渡課税とは、「時価で譲渡があったものとして、譲渡所得税の課税を受ける」ことを言います。

Aさんが40万円で購入した「ロ土地」を、時価100万円の時に、Bさんに贈与したとします。

「贈与」であり「譲渡」ではないので、譲渡所得税の課税はありません。

「時価100万円なんだから、100万円で売って、差額の60万円(=100万円△40万円)の儲けについて、譲渡所得税を申告してくれればいいのに」と税務署は思っています。

でも、税務署は、何も言いません。

見過ごしてくれます。

「次の段階でまとめて税金を取れればいい」と思っているからです。

ちなみに、タダでもらったBさんには贈与税が課税されます(「ロ土地」の相続税評価額が110万円以下で、他に贈与により取得した財産がなければ、贈与税は課税されません)。

さらに時価が値上がりし、時価200万円の時に、BさんがCさんに、今度は譲渡したとします。

この場合、Aさんの購入金額を引き継げるので、他に経費がないとすると、Cさんは200万円△40万円=160万円の儲けについて、譲渡所得税の申告をします。

いかがでしょうか?

この160万円の儲けは、「60万円(AさんがBさんに100万円で売っていれば得られたAさんの儲け)+100万円(=200万円△100万円:BさんがAさんから100万円で買っていた場合のBさんの儲け)」と考えられる訳です。

見過ごした分の課税を、ここで取り戻せるのです。

ただし、このように後から課税を取り戻せない取引もあります。

AさんがBさん個人ではなく、法人に贈与した場合です。

法人は個人ではないので、譲渡所得税が課税されません。

この場合には、税務署は黙っていません。

「時価で売ったとみなして、譲渡所得税を納めなさい」と言うのです。

これが、みなし譲渡課税です。

想う相続税理士

足利市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!限定承認のときにみなし譲渡課税になるのはなぜ?

想う相続税理士

「債務があって、相続が大変なのに、さらに税金を書けるなんてヒドい!」と思われるかもしれませんが、この限定承認については、ちょっと趣旨が違います。

お亡くなりになった方から、相続人に、時価で売ったものとみなされます。

この場合、譲渡所得税を支払うのは、どっちでしょうか?

売ったことになる方である「お亡くなりになった方」です。

でも、お亡くなりになっているので、代わりに相続人が支払うことになります。

つまり、この譲渡所得税も「債務」なのです。

限定承認で取得した「イ土地」と、その範囲で引き継いだ「債務ハ」がイコールだとすると、その「債務ハ」だけ返済義務を負えばよいということになります。

この場合、譲渡所得税としての債務は、支払わなくてよいことになります。

これが、みなし譲渡課税の適用がないとなると、どうなるでしょうか?

相続人がその「債務ハ」(例えば1,000万円)を弁済するために、「イ土地」を1,000万円で売却した場合、相続人には譲渡所得税が課税されます。

ということは、1,000万円が懐に入る訳ではなく、譲渡所得税の分だけ目減りしてしまいます。

そうなると、債務1,000万円の返済ができなくなってしまいます。

カワイソウですよね。

だから、税務署は、みなし譲渡課税にしてくれるのです。

足利市の今!足利市と桐生市の四季と観光資源を掛け合わせたアニメCM4作品をチェック!

URLと詳しい内容はこちら!

参考 アニメ「ヒトトキ桐生足利」完成!!足利市
LINEで送る
Pocket