「いまさら人に聞けない相続税申告Q&A」の巻【相続税・基礎控除額 編】<栃木市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

相続税と基礎控除額

栃木市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続税って
何?

人が亡くなったことにより、「相続人」「遺言による財産受取人」に移転した、亡くなった人の財産に課税する税金のこと。

亡くなる前にあげればセーフ?

亡くなったことによりもらう財産に相続税がかかっちゃうのであれば、亡くなる前にあげれば相続税がかからないだって?

確かに相続税はかからないけど、贈与税がかかるからね。

また、あげるんじゃなく、売った場合には、所得税がかかるよ。

この所得税は、相続税や贈与税のように、財産を受け取った人が払うんじゃなくて、売った人が払う税金だよ。

売った金額に税金がかかるんじゃなくて、売ったことによる儲け(所得)に税金がかかるよ。

買った人は、税金(所得税)は払わなくてもいいんだけど、売った人にちゃんと「代金」は払わなくちゃダメだからね!

親子間で売ったことにして、代金を払わない、なんてことをすると、実質は贈与だから、贈与税がかかっちゃうよ!

栃木市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続が
あったら
みんな
相続税を
払わなく
ちゃ
いけない
の?

財産の金額が大きい場合に、相続税を納める必要があるよ。

逆に言うと、財産の金額が少ない場合には、相続税を納める必要はないよ。

相続税の非課税枠である「遺産に係る基礎控除額」

「財産の金額が大きい」とはどういう場合かと言うと、亡くなった方の財産の金額の合計額が「遺産に係る基礎控除額」を超えている場合。

この場合には、相続税を納める必要があるよ。

この遺産に係る基礎控除額以下(「以下」だからイコールの場合も含まれるよ)に財産の金額が収まれば相続税がかからないので、「相続税の非課税枠」って言えるよね。

「遺産に係る基礎控除額」は、家によって違う!

遺産に係る基礎控除額は、
3,000万円+600万円×法定相続人の数
で計算するよ。

だから、法定相続人が1人の場合には、3,000万円+600万円×1人=3,600万円、2人なら4,200万円、3人=4,800万円、4人=5,400万円、5人=6,000万円(600万円ずつ増えていきます)となるよ。

「1人600万円まで非課税」ではないよ!

「3,000万円+600万円×法定相続人の数」という計算式を見て、間違いやすいのが、1人600万円までは相続税がかからない、っていう勘違い

例えば、相続人が妻・長男・次男の3人の場合で、財産の金額の合計額が5,000万円だとする。

そして、妻が4,000万円、長男と次男がそれぞれ500万円ずつ相続した場合、500万円≦600万円だから、長男と次男に相続税がかからない、っていう訳じゃないってこと。

あくまでも財産の金額の合計額5,000万円>4,800万円なので、長男と次男には相続税がかかるからね!

LINEで送る
Pocket