宇都宮市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!遺産分割前に配偶者が死亡した場合でも配偶者の特典が使える?[ 勉強メモ ]

遺産分割前に配偶者が死亡

宇都宮市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!配偶者に認められる相続税計算上の特典

MEMORANDUM
(1)配偶者の取得財産については、「1億6,000万円」「財産の1/2(法定相続分)」のいずれか多い方まで相続税がかからない(「配偶者の税額の軽減」

(2)自宅の敷地を配偶者が取得した場合には、所有継続要件や居住継続要件を満たさなくても、100坪まで8割引で評価することができる(「小規模宅地等の特例」

想う相続税理士

お亡くなりになった方の財産を、力を合わせて一緒に築き上げてきた配偶者の貢献度を評価して、相続税が安くなる特例が設けられています。

どちらの特例も、細かい要件がないのが特徴です。

宇都宮市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!配偶者が相続で取得する前に死亡したら?

(設定)夫死亡・相続人:妻(夫死亡後、遺産分割前に死亡)+長男+次男(長男と次男は持家有)

MEMORANDUM
夫死亡による1度目の相続、妻死亡による2度目の相続があり、どちらの相続も、相続人は長男と次男(1度目の相続の相続人としては妻も該当するが、遺産分割前に死亡しているため、その妻の代わり(代襲相続人)として長男と次男が遺産分割の当事者となる)

1度目の相続においては、相続人として、長男及び次男並びに妻の代襲相続人としての長男及び次男、結局相続人当事者である長男と次男の遺産分割協議が整えば、財産を既に死亡している相続人妻に相続させることができる

これにより、上記特典(1)(2)を適用することができる
遺産分割前にお亡くなりになったとしても、配偶者は相続人であることには変わりありませんから、配偶者が取得すれば、特例の適用を受けられます。

お亡くなりになった配偶者が財産を取得するためには、その配偶者の相続人(代襲相続人)が代わりに遺産分割協議書に判子を押せば大丈夫です。

想う相続税理士

宇都宮市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!シミュレーションが大事!

MEMORANDUM
2度目の相続は、1度目の相続に比べ、法定相続人が減少し、基礎控除(相続税の非課税枠:3,000万円+600万円×法定相続人の数)が少なくなることにより、相続税負担率が高まる可能性があるので注意

2度目の相続における相続財産が、基礎控除額の範囲に収まるように(収まれば相続税負担率0)、1度目の相続における妻の相続分を計算できるか検討、この場合、妻が相続する財産だけではなく、妻が従前から所有していた財産もカウントされる

不動産については、1度目の相続で長男又は次男が相続すれば、1度目の相続時のみ相続登記の費用がかかるが、1度目の相続で妻が相続すると、1度目・2度目とダブルで相続登記の費用を負担しなければならない

自宅の敷地を1度目の相続で妻が相続する際には、100坪までであれば、20%評価で済むが、2度目の相続では100%評価になるため(長男次男が持家有のため)、評価額が5倍になるので注意

つまり、配偶者の特典を受けるために、1度目の相続で配偶者に何でも相続させればよいという訳ではない

1度目の相続で配偶者が相続税を納める場合には、2度目の相続(配偶者の相続)で、税負担を軽くする制度(「相次相続控除」)があります。

同じ財産に対して、短期間に、1度目の相続・2度目の相続と2回相続税がかかるのは、カワイソウだからです。

下記の記事もご覧ください。

想う相続税理士

配偶者が相続税払って節税「配偶者が財産を取得しても配偶者の税額軽減を使わないで節税できる『場合』がある!」の巻<桐生市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

宇都宮市の今!「『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展PART-3」が開催されるよ!

開催期間

2019年4月19日(金)~5月31日(金)

宇都宮パルコの所在地

宇都宮市馬場通り3-1-1

LINEで送る
Pocket