「配偶者の税額軽減の特例の適用を受けて相続税を下げる!」の巻<桐生市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

配偶者の税額軽減

相続税の計算においては、申告期限までに遺産分けが完了していれば、相続税を安くするような特例があるよ。

これらの特例を積極的に適用して、相続税を安くしよう(ただし、次の相続=「二次相続」もちゃんと考慮して)。

その代表的なものが、配偶者の税額軽減。

亡くなった方の配偶者が相続した財産のうち、
正味財産の金額×法定相続分(お子さんがいれば2分の1)
または
1億6,000万円
のいずれか多い金額までは、相続税がかからないよ。

相続税の申告期限までに遺産分けが済んでいる財産については、この特例の適用が受けられるんだけど、全部の財産について遺産分けが終わっていなくても、部分的に終わっていれば、その終わっている部分については特例の適用対象だからね。

相続税の申告期限は亡くなってから10ヶ月以内なんだけど、その期間内に遺産分けが終わらなかった財産については、この配偶者の税額軽減の適用を受けられないのかと言うと、その適用期限を延長することができるよ。

相続税の申告書を提出する時に、「申告期限後3年以内の分割見込書」と言うものを添付しておけば、申告期限から3年以内に分割できれば、この特例の適用を受けることができるよ。

また、申告期限から3年を経過する日まで分割できない場合あっても、やむを得ない理由があって、税務署長の承認を受けていれば、その事情が亡くなった日の翌日から4ヶ月以内に分割されれば、これまた特例の適用を受けることができるからね。

LINEで送る
Pocket