「相続税の納税資金を作るためにやっておくべきこと・やるべきこととは?」の巻<桐生市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

納税資金対策

相続税は、亡くなってから10ヶ月以内に納める必要があります。

「10ヶ月あれば余裕」と思うかもしれませんが、あっという間です。

相続税の試算をして、その税額を、相続財産の中の現預金で払えるかどうか、まずは確認してみてください。

難しそうだったら、納税資金対策を検討しましょう。

桐生市の方へ!
相続税申告対策税理士による

会社の役員
なら
死亡退職金

中小企業の経営者なら、会社から死亡退職金を支給できるようにしておきましょう。

会社を財布代わりにする感じです。

死亡退職金には、納税資金を生み出すための、次のようなメリットがあります。

税負担が少ない

500万円×法定相続人の数非課税枠があります。

法定相続人が3人だったら、500万円×3人=1,500万円までは非課税。

相続しても、相続税がかからないってことです。

遺産分けの対象外にできる

退職金規程を作っておけば、受取人を決めておけます。

例えば、「配偶者」って決めておけば、配偶者に払えちゃいます。

子供にあげなくても大丈夫。

決まっていれば、遺産分けの対象外。

決まっていないと、相続人全員で話し合いで決めることになっちゃいますからね!

株価が下がる

会社の役員であれば、その会社の株式を持っている場合が多いと思います。。

会社が死亡退職金を払うことにより、株価が下がります!

つまり、相続財産の評価額を下げることにより、相続税も少なくできるってことです。

LINEで送る
Pocket