「相続税の節税を色々ミックスしてやると失敗する一例を紹介するよ!」の巻<桐生市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!>

相続税の節税を色々ミックスして失敗

桐生市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続税の
節税の定番
「生命
保険金」

生命保険金には、「500万円×法定相続人の数」の非課税枠があります。

この金額以内であれば、通常、生命保険金には相続税がかかりません。

桐生市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続税の
節税の定番
「一代
飛ばし」

親から子、子から孫、と財産は引き継がれていきますが、その度ごとに相続税がかかってしまいます。

だったら、「親から孫に相続させちゃえ!」ってことで、①と絡めて、生命保険金の受取人を孫にしたらどうなると思いますか?

失敗1 生命保険金の非課税枠が使えない!

孫は法定相続人ではないので、生命保険金の非課税枠は適用されず、丸々相続税がかかってしまいます

失敗2 相続税が2割増しになっちゃう!

亡くなった人から見て、親や子、配偶者以外の人が相続した場合、相続税が2割増しになります。

これ、実は「一代飛ばし」の節税防止策なんです。

桐生市の方へ!
相続税申告対策税理士による

相続税の
節税の定番
「生前
贈与」

相続した時に財産がなければ、相続税がかからないんだから、「生前にできるだけ財産を贈与してしまえ!」という考え方です。

でも、そんな納税者の思考回路を、税務署は、とうの昔にお見通しで、贈与した場合には、相続税よりも高い税負担の贈与税を課税して、節税にブレーキをかけます。

とは言っても、贈与すること自体は悪いことではないですから、贈与の金額が低ければ、贈与税もあまりかからないようになっています。

あまりかからないどころか、贈与税には110万円の非課税枠があるので、年間110万円以下であれば、贈与税は0円です。

ところが、ここにも税務署の網がかかっていて、

(1)相続などにより財産を取得した場合には、
(2)その亡くなった方から亡くなる前3年以内に贈与により取得した財産は、
(3)相続財産に含めて相続税を計算する
(4)もし贈与税を納めていれば、計算した相続税からその贈与税を控除する

ということになっているので、110万円以下で贈与しても、3年以内に相続が来ると、贈与税がかからなくても、相続税がかかってしまいます

ただし、上記(1)~(4)のうち、(1)に注目して欲しいんですが、相続で財産を取得していなければ、相続財産に含めなくていいんです。

「孫は相続しないから、3年以内に引っかかっても、相続税がかからない。」

そう思って、孫に贈与したらどうなると思いますか?

失敗3 生命保険金を受け取っているので、3年以内の贈与財産を相続財産に含めないとダメ!

上の(1)の要件「相続など」の「など」は「遺贈」のこと。

「遺贈」とは、読んで字の如く、遺言でもらうことをいうんですが、実は、相続人以外の人が生命保険金を受け取った場合、「遺贈により取得したものとみなす」ことになっているので、3年以内の贈与財産を、相続財産に含める必要が出てきてしまうんです。

節税を検討するなら、税理士にちゃんと相談しましょう。
LINEで送る
Pocket