ブログ

空き家の相続。「売る」「貸す」で所得税・相続税を安くする

所得税が安くなる

相続した家に誰も住まないなら「売る」、高く売れなくても、一定の要件を満たせば、その売却益に所得税(譲渡所得税)がかからないのでトク

相続した時に相続税を払っていれば、一定の要件を満たすと、その売却益を確定申告する際、その相続税を経費にして所得税(譲渡所得税)を安くすることができるのでトク

どちらかのトクを1つ選ぶ(選択適用、両方はダメ)

相続税を安くする

空き家の建物・空き家の敷地は、相続税が安くならない(特例が受けられない)

持ち家がない一定の相続人が、相続した後にその家に住めば、その敷地は安く評価できるからトク

相続の前に貸家として人に貸しておけば、アパートと同じように、建物とその敷地は安く評価できるからトク(貸し出すコストやリスクに注意)

トクするためには、早めに対処しましょう!

想う相続税理士